日野原重明先生の「生きていくあなたへ~105歳 どうしても遺したかった言葉」

今年7月に105歳で亡くなられた
日野原重明先生の
「生きていくあなたへ
105歳 どうしても遺したかった言葉」

得たものではなくて、与えられたものをどう使うか。
その使い方によって、人生の豊かさが決められる。
与えられた最高のものをみんなで共有しよう。
という言葉。
運やチャンスというものは、目には見えない。
だからこそ、自分も神さまに愛されている。
大切にされている、苦しみも私の成長のために与えられたのだ。
その後には必ず私にも大きなご褒美を用意してくださっている。
と信じることが大切。
という言葉。
また、よど号ハイジャック事件で
犯人グループを説得されたという話もすごいけれど、
やっと解放されるというとき
日野原先生がハイジャック犯に言った一言に
犯人も乗客も大笑いしたというエピソードからも
日野原先生のお人柄を垣間見ることができて
ココロが温まりました♡☺︎☺︎
先日たまたま見ていた「金スマ」で
昨年末から約1か月、毎日行われたという
この本のインタビュー映像が流れました。
それは貴重な映像でした。

そこで最後に語られた言葉は
「キープオンゴーイング」。
前進また前進。
喜びと感謝で行きましょうと。

日野原先生の言葉とともに浮かぶのは
笑みを讃えた穏やかなお顔。
この本からも溢れていました。
いつもココロに留めながら
私も少しずつでも前に進んでいけたらと思うのです。

c0331446_15585766.jpg

[PR]
Commented by moonstar1206 at 2018-01-05 16:22
あけましておめでとうございます♪
今年も、ブログ楽しみにしています^^
日野原さんは、今となっては知ったきっかけを忘れて
しまったのですが、7年くらい前(?)だったか、
講演会を母と聞きにいったことがあり、日めくり
カレンダーを今も(毎日ではないけれど)めくって
使っています♪ 当時も、とてもその年齢には見えない
位お元気そうでびっくりした記憶が残っています。
その時「十歳のきみへ」という本を買ったのですが、
10歳の娘はまだ読もうとしてくれずにいます(苦笑)
まず、私が読んでみようかな。。!
Commented by robetissage at 2018-01-10 00:17
moonstar1206さん♡

あけましておめでとうございます!
こちらこそです~♬ブログ楽しみにしてます!
私は、今年はもう少し頑張って更新します(*^^)ノ
日野原先生の講演会、私も一度行ってみたかったです。
本当にお言葉一つひとつが尊くて
日野原先生のような生き方を心に留めたいと思っています。
「十歳のきみへ」私も読んでみたいな💖
by robetissage | 2017-12-26 22:30 | 本・映画 | Comments(2)

校正士ときどき物書きをやってます。日本語の美しくて奥深いコトバを紡ぐ人でありたい。斉藤和義さんやGRAPEVINE、お馬さんが好き★


by shino
プロフィールを見る
画像一覧