祇園祭後祭☆鯉山・大船鉾

先日、祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行が行われました。
前祭(さきまつり)は今年は運よく祝日だったけれど
後祭は平日だったので、宵宵山へ。

立身出世の鯉山


c0331446_23372387.jpg




c0331446_23191660.jpg

こちらでお参りしてから、ちまきやお守りを買います。
いつもすごい人です💦

c0331446_23190800.jpg
懸装品もこちらでみることができます。

c0331446_23355858.jpg
こちらはテレビから。巡行の様子です。
滝を登っていく鯉。



そして、4年前に約150年ぶりに復活した大船鉾。

c0331446_23193691.jpg

昨年は、大船鉾の船首は龍頭でしたが
今年は大金幣。
交互に巡行を行うのだそうで
今年は龍頭はお留守番。
でも保存会で観ることができました。

c0331446_23442288.jpg
目ヂカラがすごい!

c0331446_23442918.jpg
手前の龍頭は、天保10年に作られた滝尾神社の龍頭。
大船鉾の龍頭のお手本となったものだそうです。
2体並んで大迫力!

c0331446_23541319.jpg
こちらは昨年の様子です。

大船鉾は、主に屋根方、車方、作事方という3つの役割の方々が
鉾建てに携わり、約2日半で仕上げるのだそう。
どの鉾も山も釘は一切使わず、
縄だけで建てるというのだから驚きます。
そして、その縄も、右肩上がりで
奇数になるようにするという決まりが。
昔から縁起がいいという言い伝えなのでしょうか。

疫神怨霊を鎮めるためにはじまったという
祇園祭。
その想いは今も変わらず引き継がれています。

今年も1年、疫病や災害などが起きないよう
平和で過ごせるよう願いを込めて。






[PR]
Commented by moonstar1206 at 2017-08-01 09:00
おはようございます!
祇園祭、色んな方たちの力や技術が結集されている感じ
ですね。見に行くなら、ちゃんと色々知ってから見た
方が面白そうですね~^^ こうやって地元の方のお話を
聞けるのもありがたいです♪
龍頭の迫力、お写真でもすごいですが、本物はきっと
もっとですよね!
平和で、いつも皆が元気で・・というような願いは
大昔からずーっと変わらないのでしょうね☆
Commented by robetissage at 2017-08-04 23:10
moonstar1206さん♡

ありがとうございます!
お返事遅くなってしまいました🙇💦
祇園祭の季節になると、今年も夏が来たなぁって思います。
1200年の歴史なんて壮大ですよね✨
それぞれの鉾や山にドラマがあって、
守り引き継いできた人々の想いを想像してみると
じんとくるものがあります。
これからも平和で祇園祭をかみしめたいですね(^_-)-☆




by robetissage | 2017-07-26 23:53 | 日々のこと | Comments(2)

校正士ときどき物書きをやってます。日本語の美しくて奥深いコトバを紡ぐ人でありたい。斉藤和義さんやGRAPEVINE、お馬さんが好き★


by shino
プロフィールを見る
画像一覧