<   2017年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

祇園祭後祭☆鯉山・大船鉾

先日、祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行が行われました。
前祭(さきまつり)は今年は運よく祝日だったけれど
後祭は平日だったので、宵宵山へ。

立身出世の鯉山


c0331446_23372387.jpg




c0331446_23191660.jpg

こちらでお参りしてから、ちまきやお守りを買います。
いつもすごい人です💦

c0331446_23190800.jpg
懸装品もこちらでみることができます。

c0331446_23355858.jpg
こちらはテレビから。巡行の様子です。
滝を登っていく鯉。



そして、4年前に約150年ぶりに復活した大船鉾。

c0331446_23193691.jpg

昨年は、大船鉾の船首は龍頭でしたが
今年は大金幣。
交互に巡行を行うのだそうで
今年は龍頭はお留守番。
でも保存会で観ることができました。

c0331446_23442288.jpg
目ヂカラがすごい!

c0331446_23442918.jpg
手前の龍頭は、天保10年に作られた滝尾神社の龍頭。
大船鉾の龍頭のお手本となったものだそうです。
2体並んで大迫力!

c0331446_23541319.jpg
こちらは昨年の様子です。

大船鉾は、主に屋根方、車方、作事方という3つの役割の方々が
鉾建てに携わり、約2日半で仕上げるのだそう。
どの鉾も山も釘は一切使わず、
縄だけで建てるというのだから驚きます。
そして、その縄も、右肩上がりで
奇数になるようにするという決まりが。
昔から縁起がいいという言い伝えなのでしょうか。

疫神怨霊を鎮めるためにはじまったという
祇園祭。
その想いは今も変わらず引き継がれています。

今年も1年、疫病や災害などが起きないよう
平和で過ごせるよう願いを込めて。






[PR]
by robetissage | 2017-07-26 23:53 | 日々のこと | Comments(2)

連載更新のお知らせ☆第4回は和義さんの「雨に歌えば」ライブレポです💖

YUMECO RECORDSさんの連載
「虹のカケラがつながるとき」
更新のお知らせです(-_^*)💕

第4回目「雨に歌えば」☂
和義さんの関西公演の様子を書いてみました169.png



あの楽しかったライブが
遠い日のような気がするのはなぜだろう(*≧▽≦*)

また早くツアーが始まらないかな(*˘︶˘*).。.:*♡

c0331446_21510691.jpg





にほんブログ村
[PR]
by robetissage | 2017-07-18 22:24 | YUMECO RECORDS | Comments(4)

祇園祭☆山鉾巡り


祇園祭でにぎわう四条界隈

今年は15日(土),16日(日)が
宵々山、宵山にあたることで
かなりのにぎわいが予想できるので
まずは14日(金)に山鉾を観に行ってきました。

まずは長刀鉾。
山鉾巡行は、毎年くじで順番が決められるのですが
この長刀鉾だけは必ず先頭だと決まっています。
さすがに人が多い!

c0331446_23545509.jpg
c0331446_23544889.jpg
こちらからだと逆光だったので
ちょっと加工してみました。

毎年楽しみにしている蟷螂(とうろう)山

c0331446_00394658.jpg


カマキリの存在感に魅せられます(*^^*)
c0331446_23480471.jpg
そして月鉾☽

c0331446_00395062.jpg


月鉾は総重量11トン・高さは26m。
これは鉾のなかでいちばんの重量と高さなのだそう。

c0331446_23551171.jpg



c0331446_23475165.jpg


鉾の頂きの三日月☽が好き。
18金なのだそうです。

そして今日16日にはちまきを買いに
再度月鉾へ。
屋根の下の破風といわれる場所に
うさぎがいるのがわかりますか?
屋根裏の絵は円山応挙作の「金地彩色草花図」だそうです。

c0331446_23482523.jpg


c0331446_23483474.jpg
ちまきなどを購入すると、鉾に上がることができました。

写真はNGだったのですが、見ごたえのある装飾品の数々に
動く美術館を実感しました。

明日はいよいよ前祭の山鉾巡行。

きっとすごい人なんだろうなぁ。









[PR]
by robetissage | 2017-07-16 23:47 | 日々のこと | Comments(0)

知らなかった!アタマが凝っている!?

肩凝りや首凝りなんかはよく聞くことがあるけれど
以前、「顔が凝っている」と言われて以来
おでこのコリをとるためにマッサージをしています。
その時の記事はコチラ♪


それが、この間美容室で言われたのが
「アタマ、凝ってますね~!」

もう衝撃でした>゜))))彡

初めて言われた!
アタマが凝ってる???

美容師さんに聞くと、アタマも凝ったりむくんだりするそうです💦
私もアタマが固くなっているんだそう!
確かにぐっぐっとマッサージしてもらうとイタ気持ちいい(≧▽≦)
頭皮も顔の皮膚の延長で同じようにマッサージすると
すっきりして凝りや疲労も解消し
顔もたるみやしわの予防にもなるようです💕

以来、頭皮を指の腹でもみ込むようにしたり
髪の毛の生え際を引き上げるようにしてみたり…

するとアタマにほどよい刺激があって
すっきり眠気覚ましにもなります。
重くなったまぶたもすっきりするような…
おすすめです(^_-)-☆



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村
[PR]
by robetissage | 2017-07-13 22:25 | 美容・健康 | Comments(2)

The Birthday TOUR 2017 “NOMAD” @京都・磔磔

先日は京都・磔磔(たくたく)で行われた
The Birthdayのライブに行ってきました。

c0331446_23554647.jpg

元酒蔵を改装してできた、キャパ約350人という
とても雰囲気のあるライブハウス。
2階に楽屋があり、ステージに上がるために客席の端を通っていくので、
ただでさえ狭いハコなのに、
さらに間近でアーティストが見られることも磔磔の魅力なのです。

キュウちゃんを先頭に、フジケン、ハルキ、
そしてチバが通っていきました。
もう神々しくて、ただ見ているだけで精一杯(*^^*)

5月下旬にスタートして11月下旬まで続くこのツアー。
曲などについては触れないことにして…
でもまさかこの曲で!?というシブいオープニング(≧▽≦)

いつも会場ごとに何曲か曲を変えているようなのですが
あとから調べてみたら、今回は曲順さえも違っていてびっくり!
バンドで、そんなことができるなんて…
よっぽどメンバー間のコミュニケーションがいいんだなぁ💕
ほんと、かっこよくて大盛り上がりでした(≧▽≦)

アルバム『NOMAD』はフジケンのギターがとにかくかっこよくて
ずっと聴き入ってしまうのだけれど
なかでも、チバとキュウちゃんのいたミッシェル・ガン・エレファントを
個人的に思い出す曲があって
それをここ・磔磔で聴けて…
思わず天を見上げて感無量( ;∀;)

それは…ミッシェルを、アベを最後に見たのがここで、
こんなに狭くて数メートル先にアベがいるのに
とっても遠く感じたことを思い出して。
アベが心ここにあらずな気がしたのは
私が解散という現実を拒否していたからかもしれないけど
その後、突然アベが亡くなってしまって、
もっとしっかり見ておけばよかったと後悔…
そんなことを思い出してちょっと切なくなりました。
…でも明日が来るなんて、誰にもわからないんですよね。
そのことを最近は本気で考えるようになりました。


c0331446_23555497.jpg

次は11月✨
そのころにはまったく違うセットリストになっているかも(*‘∀‘)
楽しみはまだまだ続いていくのです(-_^*)💕



「NOMAD」ダイジェスト















[PR]
by robetissage | 2017-07-08 23:23 | 音楽 | Comments(0)

第3回目の記事アップされていました♬

YUMECO RECORDSさんの連載「虹のカケラがつながるとき」。
第3回目「やわらかな日」をアップしていただいています(^_-)-☆

今回は、GRAPEVINEのライブの様子と
忘れられない上司のことを書いてます。

よろしければ、読んでいただけると嬉しいです(*^^*)



c0331446_01362851.jpg
GRAPRVINE★田中くん スタジオライブのようす

c0331446_01362224.jpg




[PR]
by robetissage | 2017-07-07 22:22 | YUMECO RECORDS | Comments(0)

静かに心に沁みた「いつまた、君と~何日君再来」

今日は映画「いつまた、君と~何日君再来」を観てきました。

これは、向井理さんのおばあさまの手記を映画化したもの。
おばあさまを演じられた野際陽子さんの遺作でもあります。

映画の公開を知って、先に小説を読んでいたので
あらすじは理解していたつもりですが、
おばあさまの若い頃・朋子を演じた尾野真千子さんの
派手ではないけれど、
何気ない言葉やふとした表情に引き込まれて
いつの間にか涙が…(/ω\)
戦後の日本を生きていくことは並大抵のことではなくて
向井くん演じる吾郎さん(朋子の夫・おじいさま)の気持ちを考えるだけで
切なくてたまらなかった。

高畑充希さんの歌う主題歌がいいんです💦
ぐっと来てしまいました。

向井くんのおじいさまは、向井くんに、
そして向井くんのお父さまによく似ているのだそうです。
そんな脈々と繋がる命や遺伝にも想いをつのらせました。

もともとは2010年の『ゲゲゲの女房』のときに
向井くんが脚本家の山本むつみさんに「やりたいものがあるんです」と
手記の話をされたことがきっかけなのだそう。
それから、7年。
向井くんも結婚してお子さんも生まれたこのタイミングで
映画化が実現したことも何かのご縁なのかもしれません。

幸せって、家族が一緒にいられて元気で生きていること。
ささやかだけれど、これが何よりなのだと
じわじわと心にしみわたる、いい映画でした。


c0331446_23464309.jpg



[PR]
by robetissage | 2017-07-05 23:32 | 本・映画 | Comments(2)

校正士ときどき物書きをやってます。日本語の美しくて奥深いコトバを紡ぐ人でありたい。斉藤和義さんやGRAPEVINE、お馬さんが好き★


by shino
プロフィールを見る
画像一覧