カテゴリ:舞台( 2 )

向井理×蓬莱竜太「星回帰線」@ロームシアター京都サウスホール

向井理くん主演の舞台「星回帰線」☆

10月に東京でスタートし約1か月間、
そして豊橋、北海道、新潟公演を経て迎えた京都公演。
c0331446_23311746.jpg

向井くんにとって約3年ぶりの舞台。
楽しみにしていました!
作・演出の蓬莱竜太さんはあて書きされることで有名な方。
向井くん本人は、三島という役は自分と「遠からず近からず」と語り
蓬莱さんは、向井理が嫌いな人にほど観てほしいと
おっしゃっていたので(*^^*)

周りの人間関係に巻き込まれていく三島。
普通のことを普通にしただけでも、
周りの反応が良くも悪くも倍になる
イケメンの苦悩を描いた作品。
やっかみあり、思わせぶりな態度をした、
その気にさせたなどと言われて
三島が追い詰められ巻き込まれていく様子に
胸がヒリヒリして苦しくなるシーンも。
どこにでもありそうな日常。
でも、シリアスなシーンのなかにも
笑いが起きたり共感したり救いがあったり。

演者のみなさんが約1か月以上この舞台を積み重ねてきた
チームワークと空気感。

自分の分を知る。

とても素晴らしい舞台でした。

平田満さんが素敵だったな(≧▽≦)
奥貫薫さんも、野波麻帆さんもとっても綺麗だった💖
そして、いい味を出していた高橋努さん。
もちろん、向井くんは、そこにいるだけで
周りがふわっと幸せに包まれる感じ✨

本人は嫌がるだろうけど、
それがイケメンの宿命、
イケメンの分なのかもしれないな(^_-)-☆

もっと舞台をやってほしいと思う。
テレビでは向井くんの良さがちゃんと伝わってないような気がして
もどかしくて。
そして、もっと多くの人に、ファンじゃない人にも
観てほしいと思うのです。

c0331446_23294364.jpg
明日からは広島公演です。

お近くの方、ぜひ一度足を運んで
迫真の演技を体感してみてください。








[PR]
by robetissage | 2016-11-21 23:24 | 舞台 | Comments(0)

舞台「虹とマーブル」@梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

「虹とマーブル」
このタイトルの意味をずっと考えていました。
すべてを洗い流すほどの雨のあとに現れる虹、
そして、マーブルはマーブルケーキかな?と。
どこか甘くて実体のないふわふわした物語かと。。。

物語
1960~1980年。
男は不動産で荒稼ぎした金を興行に注ぎ込み成功する。
「持てる女」の力を借りて、
「持たざる男女」を政界と芸能界に送り込み、
さらなる高みを目指すのだが……。
我に返ることに怯える男達と、
我を忘れることに慣れゆく女達。
あらゆる高嶺の花に手を伸ばした男の、
青春から始まる20年。

・・・

二層式の洗濯機などの(盗んだ?)家電製品が無造作に放り込まれている
住居兼倉庫から物語は始まり
2回の休憩をはさんでの3部構成。
時代が1960年、70年、80年と移っていく。
70年代は放送局、ボクシングジム・・・
80年代はあらゆる手段を使って何もかもを手にした男の豪邸を舞台に
マリリン・モンローの『紳士は金髪がお好き』やよど号ハイジャック、
ロッキード事件などが効果的に盛り込まれているのも興味を惹かれる。

まだ何者にもなっていない、何者かになることを夢見る男。
演じるのは、小出恵介さん。
『ストロベリーナイト』や『-JIN-仁』『Nのために』がとても印象的で
倉持裕さんの、ちょっとコメディタッチでいてその奥深い世界を
どう演じてくれるのかとても楽しみにしていました。
CAST:小出恵介、黒島結菜、木村了/小林高鹿、ぼくもとさきこ、玉置孝匡/
小松和重、ともさかりえ

c0331446_14123662.jpg

席は最前列のほぼセンター✨✨

そして、倉持作品には欠かせない存在。
10年以上観続けている小林高鹿さん、玉置孝匡さん、ぼくもとさきこさん。
ぼくもとさんが出ているというだけで私にとってはツボ037.gif
コメディタッチはそこで約束されたようなもの。
今回もぼくもとさんが出ているというだけで
速攻チケットをとったというくらい大好きな女優さんです(^_-)-☆

虹は希望や夢、マーブルは大理石。

あの日描いた夢、必死で追いかけて手にしたもの。。。
それは、本当に手にしたいものだったんだろうか。。。

私自身も大好きな昭和の時代を思い返すように、
懐かしみながら愛おしく想いながらの「虹とマーブル」。

個性的で、昭和を感じる(演じる(^^ゞ?)俳優さんたちのなかで、
初舞台だったという黒島結菜ちゃんが可愛くて、
その初々しい演技がひときわ光っていました✨✨


にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村



[PR]
by robetissage | 2015-09-21 14:16 | 舞台 | Comments(2)

校正士ときどき物書きをやってます。日本語の美しくて奥深いコトバを紡ぐ人でありたい。斉藤和義さんやGRAPEVINE、お馬さんが好き★


by shino