カテゴリ:音楽( 67 )

THE King ALL STARSxThe Birthday★贅沢な夜を堪能

昨日は梅田クラブクアトロで
5周年を記念して豪華なイベントが行われました。

c0331446_23360908.jpg

加山雄三さん率いるTHE King ALL STARSとThe Birthdayの対バン!

まずは、久々のThe Birthdayから。
観客とのコール&レスポンスを楽しみながら
サングラス越しのチバがニヤリと笑ってるのがわかる。
この季節にしか聴けない「SAKURA」「抱きしめたい」のあと
5月に発売されるアルバムの告知を
ドラムのキュウちゃんがしたところで、
チバが「いいね、…春終わったね」と。
みんながチバを見つめていると今度は「初夏だね」って(^-^;
みんな、えっ…( ;∀;)と苦笑。
さすがに初夏は言いすぎでしょ(^^ゞ
「でも次は『木枯らし6号』って歌なんだけどね」と
みんなの反応にはおかまいなしのチバなのでした。
新曲「24時」ではハンドマイクで踊るチバ。
そこへ、フジケンも踊るの!?と思わせておいての
クセのある変態っぷり炸裂のギター(≧▽≦)!
ドヤ顔のフジケン、本人はキメてるんだろうけど
なぜか笑ってしまうのでした(*^^)v

c0331446_18103534.jpg
The Birthday


そして、THE King ALL STARSのステージ。

バンド結成のきっかけは震災後の2013年、
仙台での野外ロックフェスティバルに

加山さんが出たいと思ったことから、

フェスでおなじみのメンバーが集結することになったのだそうです。

加山さんが敬愛するエルヴィス・プレスリーが

「THE KING」と呼ばれていたこと、

加山さんのイニシャル「K」、今なお進化し続けている現役であること「ing」、
また、スターミュージシャン13名(=KING)が集まったことにちなみ、

THE King ALL STARSと名づけられたこのバンド

楽しみ以外の何ものでもありませんでした。



c0331446_18104128.png



THE King ALL STARS☆出演メンバー
Vo/Gt 加山雄三、Gt 佐藤タイジ(シアターブルック)、Gt 名越由貴夫(Co/SS/gZ)、
Gt 古市コータロー(ザ・コレクターズ)、Dr 武藤昭平(勝手にしやがれ)、
Bass ウエノコウジ(the HIATUS)、Key 高野勲、Key 山本健太、

Tp タブゾンビ(SOIL&“PIMP”SESSIONS)


錚錚たる顔ぶれ✨


でもそれ以上に加山さんのオーラがすごい!

みんなが束になってかかってもとても適わないくらい、上回る存在感。

先日の誕生日で80歳になられたそう!

加山さんの前では、ロック界では大御所のメンバーたちも

お釈迦様の手のひらの上といった感じ。

すべてをあたたかく包みこまれているような

終始そんな雰囲気に包まれていました。


そしてもうひとつ。

私にとってはミッシェル・ガン・エレファント解散以来、

チバ、キュウちゃんと、ウエノコウジが同じステージに立つことが

秘かな楽しみでした。


ウエノが現れた瞬間、

えっ!?ウエノってこんなにかっこよかったっけ???

当時はあまり見てなかったかも(^^ゞ

抜群のスタイルにスーツ姿で、

その佇まいのかっこよさに、ふっと隣りにアベがいる画が浮かんできて

ミッシェルって本当にかっこいいバンドだったんだとしみじみ。


c0331446_23514017.jpg


贅沢でちょっと感慨深い夜でした。





The Birthday「抱きしめたい」



[PR]
by robetissage | 2017-04-24 23:43 | 音楽 | Comments(0)

★MANNISH BOYSのライブレポ掲載されました★

今朝、とっても嬉しいことがありました♬

ここ数年音信不通になっていた友だちからの
突然のメッセージ。
実は昨日はちょうどその友だちの誕生日だったので
元気にしてるのかなぁと思い出していたところだったのです( *´艸`)

とても不思議だけど、会う日も即決で決まり(^_-)-☆
何だか導かれているかのような、そんな気持ちでした。

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

そして、今日「YUMECO RECORDS」さんのサイトで
MANNISH BOYSのライブレポを掲載していただきました。

また、お時間のある時にでものぞいていただけると嬉しいです。


あれから、1か月以上も経つんだなぁと
時の流れの速さをしみじみ。
和義さんもあの日からさらに加速のスピードを増していて
ついていくのに必死です(^^ゞ

ちなみに、このツアーファイナルの模様は
3月25日にフジテレビNEXTで放送されるようです✨





☆前回の和義さんのライブレポはコチラ♬
★1月13日びわ湖ホール

★6月5日防府公会堂





[PR]
by robetissage | 2017-03-13 23:26 | 音楽 | Comments(0)

“We are MANNISH BOYS!”@Zepp Tokyo

ついにこの日がやって来ました✨
MANNISH BOYS “麗しのフラスカ" ツアーファイナル!

Zepp Tokyoは始まる前からすごい熱気!

c0331446_21163059.jpg

ライブは幸運にも少し左寄りの5列目あたりで
軽いモッシュに巻き込まれながら。

オープニングは『Jungle Hurricane』
この曲はバリトンサックスのケイタさん加入により
追加された曲。
前衛的でスリリングな演奏にゾクゾクしながら
ツアーファイナル、何が起こるんだろう、
しっかり心に刻もうと決意(^^)/

『グッグッギャラッグッグ』から息つく間もなく
アルバムの曲が続いていくのです。

せっちゃんの奏でるギターソロに聴き惚れる
ミディアムなバラード『Only You』。
ゆったりとしたリズムから
どんどんテンポがあがっていく感じが心地いい
『真っ赤なバレリーナ』もとてもかっこよくて
ただただステージ上の4人の姿を目に焼き付ける。

ゴールドにもみえるバックライトに照らされた
長身のスリムなせっちゃんのシルエットが
なんともいえないくらい
セクシーなのです(*≧▽≦*)

c0331446_22575617.png


かと思えば、途中、ファンに
「…殺すぞ」と言った達也さんに
ぐふふと笑って
「殺さないで あげて💖」と言ったせっちゃんが
可愛くてツボ(*‘∀‘)

そのあと一曲終わって、
達也さんが恥ずかしそうに
「さっきは、殺すなんて言ってごめんね」って( ˘͈ ᵕ ˘͈ )
「殺すの意味は愛だから」と始まった
『LOVE & LOVE』に
達也さんの人柄を垣間見て和みました♡

c0331446_22574432.png


せっちゃんの髪型は大阪のリーゼントよりも
さらに本格的になっていて
…私にはジャングルポケットの斉藤さんのように見えた(/ω\)
 もちろん、髪型だけです(^^ゞ
このツアーはせっちゃんの髪型の進化も見どころのひとつ。
楽しませてもらいました(-_^*)💕

せっちゃんのギターが炸裂する『CRAZY NURSE』
『GO ! GO ! Cherry Boy !』では腕をふり上げながら
楽しいー!!!
ヒロトさんのモノマネも飛び出す(*'▽')ノ

アンコールの『My Dear FLASKA』では
せっちゃんのトランペットに加え
達也さんもトランペットを披露。
これがトリハダが立つくらいのかっこよさ。
目の前にやってきたせっちゃんのトランペットに
思わずうっとりしながら吸い込まれそうな感覚。
“風の果てまで”のツアー中にはじめたトランペットが
格段に上達していることの凄さにも感動。
トランペットがこのツアー“麗しのフラスカ"の
独特の世界観を醸し出していました。

c0331446_22575064.png

そして、ダブルアンコールの『ざまみふぁそらしど』では
4人がステージ上を動きまわり終始笑顔。
そして最後にせっちゃんが叫んだ

We are MANNISH BOYS!

この言葉に撃ち抜かれた!

このフレーズ、昔大好きだったグループがよく言ってたっけ…。
ずっと忘れていた想いがパチンと弾けて
私はやっぱりバンドが好きなんだと気づいた瞬間。

ずっとずっと心のなかに響き続けていました✨

c0331446_23534513.jpg


★画像はお借りしています★

実はこのライブ、2階席に“風の果てまで”のツアーメンバー
真壁くん、豊夢さん、ヒロオさんが来ていたそうです。
そのことを知って、またさらにぐっときてしまった。


奥は真壁くん💖 手前ヒロオさん、デカすぎる(*≧m≦*)プププw

★こちらのファイナルの模様は
フジテレビNEXTで3/25に放送されるそうです。
約2時間のO.Aだそう、楽しみです(*˘︶˘*).。.:*♡


c0331446_21162240.jpg



★セットリスト

1. Jungle Hurricane
2. グッグッギャラッグッグ
3. Honey
4. レモン
5. 曲がれない
6. Only You
7. レモネード
8. 真っ赤なバレリーナ
9. 天使とサボテン
10. DIRTY BUNNY
11. 1.2.3.4
12. LOVE & LOVE
13. ダンゴムシ
14. うんこメーカー
15. CRAZY NURSE
16. GO ! GO ! Cherry Boy !
17. Mach Venus
18. MANNISH BOYSのテーマ

★アンコール1
19. 麗しのフラスカ
20. My Dear FLASKA

★アンコール2
21. ざまみふぁそらしど




MANNISH BOYS 『LOVE & LOVE』


[PR]
by robetissage | 2017-01-30 23:51 | 音楽 | Comments(6)

予測不可能!進化し続ける♡MANNISH BOYS@Zepp Namba

11月から始まったMANNISH BOYS(マニッシュボーイズ)のツアー。
約2か月ぶりの参戦❣️大阪・Zepp Nambaへ。

c0331446_00394582.jpg
MANNISH BOYSは斉藤和義と中村達也のユニット。
無骨で心を撃ち抜く達也さんのドラムと
メロディアスな和義さんのギターが
絶妙な呼吸で変幻自在、
目の前で起こる化学反応にいつも目を見張る。

“風の果てまで”のツアーでもおなじみの堀江さんが
キーボーディストとして、またベーシストとして
二人をアツく静かにバックアップしていたのだけれど
年明けからサックスの青木ケイタさん
(TRIBECKER 、 DAD MOM GODなど)の参加で
さらに自由度の増した深みのある
ステージになっていてびっくり!
ケイタさんのバリトンサックスが新鮮で懐かしくて。
地元・大阪で前衛的にファンを煽る姿もかっこいい♬
堀江さんも定位置から前に出てくる機会も増えて
より華やかさが加わったステージでした💖

せっちゃんのヘアスタイルが
ちょっとオールバック風になって
私の大好きなもみあげが露わに✨
あとこの時期も花粉なのかな、鼻をすすってた(;´Д`)

セットリストも変わっていて、私の好きな曲も追加されてたヽ(*^ ^)ノ
Zepp Nambaはフロアにいくつもバーが設置されているので
滋賀のように、モッシュに巻き込まれて
右後方から左前方への大移動はなく
せっちゃんの前5、6列目で、モッシュを避けるような形で
無事にみることができてよかったε- ( ̄、 ̄A) フゥー
ライブ開始前に、私がしつこく無事に生還できますようにって言っているのを
友だちが笑ってました、いやでもほんと(^^ゞ

c0331446_22454724.jpg

ツアーもファイナルの東京まであと4本。
ファイナルはどんなことになるんだろう(-_^*)💕
今から楽しみでワクワクが止まりません(*˘︶˘*).。.:*♡







[PR]
by robetissage | 2017-01-20 00:22 | 音楽 | Comments(5)

かっこよすぎた!MANNISH BOYS@滋賀U☆STONE

11月3日からスタートしたMANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也)のツアー。
10本目はココ、滋賀のU☆STONEでのライブ。
キャパ400~500人ほどの小さいハコで
以前も和義さんは来てくれたことがあるけれど、
熱気はそのとき以上。
かなり盛り上がりました!

何といっても、最初は達也さん側(右側)の後方にいたのに、
ステージ上に彼らが出てきたとたん、
激しいモッシュに巻き込まれてステージ正面の真ん中辺りへ。
そして、またモッシュがやってきて
今度は和義さんの前4、5列目辺りへ流れ着いた!
なんと、フロアを斜め横断(^-^;
そしてそのときの記憶が一切ないのです(^^ゞ

たびたびやってくるモッシュ、
ステージ後編辺りでさらにスゴイのがやってきたとき
思わず前に居た人の振り上げた手を
まるで吊り革みたいに握りしめたり、
肩につかまったりしてしまった(;´∀`)
もし心当たりのある方いらっしゃったら
ごめんなさいm(__)m

髪を少し切った和義さん♡かっこよかった!
内容は…言いたいけど今は言えない(-_^*)💕

これから観られるみなさん、楽しみにしていてください(^_-)-☆


c0331446_22474300.jpg





にほんブログ村
[PR]
by robetissage | 2016-11-26 22:02 | 音楽 | Comments(2)

MANNISH BOYS☆FM COCOLO生出演

昨日はFM COCOLOサテライトスタジオに
MANNISH BOYSを観に行ってきました!

c0331446_22075201.jpg


サテライトスタジオは大阪マルビルの地下
タワーレコード梅田マルビル店にあります。

MANNISH BOYSとは、斉藤和義さんと中村達也さんのユニット♡
達也さんはブランキ―ジェットシティや俳優としても有名。
達也さんの存在感、すごいです!


c0331446_22080153.jpg

始まる前のスタジオはこんな感じです。

和義さんはココに初めて来たと言ってたけど
実は10年以上前にもココで観たことがあるのです。
リニューアルしたかもしれないけど。


そして、DJマーキーさんのブログに
マニッシュの二人の写真が✨

最初、スタジオに入る前に通路から現れた和義さんに
息をのみました。
一瞬時間が止まった(≧▽≦)
長身で細身のスタイルはそれだけでかっこいいのですが
黒っぽい(濃紺?)ジャンプスーツに黒ぶちメガネ。
そしてほわんとした佇まい。
オーラがすごかった✨✨

大阪でこういうラジオの生出演はめずらしいので
すごい人、人、人!
そしてすごい熱気でまるでライブハウスのように
モッシュが!え~っ(>_<)

大勢のファンに達也さんは笑顔を見せてくれたけど
和義さんは怖いとも…(一一")
前の人は後ろから押されてガラスに張り付く勢いだったようなので
それは正直な感想のはず(^^;

いろいろ思うことはありましたが
10月19日発売の『麗しのフラスカ』の
曲作りの様子や二人の様子などが聴けたり
「麗し」って書ける?なんてDJマーキーさんから聞かれたり
和義さんがドラムスティックで机叩いて遊んでたり。

また、和義さんは終始達也さんを立てて、
達也さんは和義さんに話を振って…という
お二人の素敵な関係を間近で見ることができたのも
微笑ましくて素敵な光景でした。

そして、今日『麗しのフラスカ』のトレーラー映像が
公開されました!

かっこいい♡ますますツアーが待ち遠しくなります✨










にほんブログ村
[PR]
by robetissage | 2016-10-13 23:16 | 音楽 | Comments(2)

「風の果てまで」LIVE DVD/CD発売とロバくん珍道中 

先日発売された、和義さんの
「風の果てまで」LIVE AT日本武道館のBD&DVD/CD✨

ようやく引き取りに行ってきました ❣

c0331446_02034313.jpg
昨年、アルバム「風の果てまで」の発売時に
全国各地を回ったロバのぬいぐるみ、コタローくん。
c0331446_02035656.jpg
前回は見ることができなかったので公式HPからの画像。

今回こそはと、先週…見つけた!

タワーレコード梅田NU茶屋町店でコタローくん。

c0331446_02154903.jpg
なんと、ガチャガチャの上(≧▽≦)
ロバくんなら下にいると思ったのに…(^^ゞ

c0331446_02155536.jpg
そして、今日はタワーレコード京都店でロバくん💕

どこにいるのかなぁと店舗の隅を探してみるけど見当たらず。
店員さんに案内してもらって、
あっ(゚д゚)!
c0331446_02163216.jpg
衝撃映像!
必死でしがみついてます(*´▽`*)
c0331446_02164103.jpg
まさかの抱っこスタイル ❣
斬新すぎて、まったく想像してなかった(=^m^)
さすが関西!?
でもこのセンス、嫌いじゃないです(*‘∀‘)
意表を突かれてふき出してしまいました(*≧m≦*)プププw

和義さんのサイン入りのTシャツ♡

c0331446_02164985.jpg
現在、MANNISH BOYSでイベントに引っ張りだこの和義さんに代わって
1号から4号のコタローくん4体。
みんなそれぞれの場所で、体を張っていい仕事をしています(-_^*)💕
ロバくんがみられるのは25日までだったかな?

ぜひ、お近くで見かけたら、
温かく見守ってあげてください(^_-)-☆

「ロバくん1号」
9月20日(火)~9月25日(日) タワーレコード新宿店

「ロバくん2号」
9月20日(火)~9月25日(日) タワーレコード渋谷店

「ロバくん3号」
9月20日(火)~9月25日(日) タワーレコード梅田大阪マルビル店

「ロバくん4号」
9月20日(火)~9月25日(日) タワーレコード京都店
  ↑  ↑  ↑
はっ(*'▽')!ロバくん4号?
Tシャツには3号って書いてあった。

そして、先週のNU店のロバくんは一応3号のはずが
撮ってきたPicを見ると、しっかり4号も文字(*´∇`*)

3号と4号がテレコになってるんだ~。
ま、いっか(*´σー`)エヘヘ
こういうのが気になるのも職業病です~(^^ゞ






★YUMECO RECORDS★
「風の果てまで」ライブレポを掲載していただいています。
http://www.yumeco-records.com/archives/9276

前回のライブレポはコチラ♪
http://www.yumeco-records.com/archives/8618



★Instagramもやってます!
お気軽にフォローしていただけると嬉しいです(-_^*)💕
https://www.instagram.com/shino546/



にほんブログ村

[PR]
by robetissage | 2016-09-23 23:55 | 音楽 | Comments(0)

斉藤和義「風の果てまで」武道館ライブのトレーラー映像公開!

昨年末から今年6月まで行われていた
斉藤和義さんのツアー「風の果てまで」。

サポートメンバーが、ドラムの豊夢さん以外一新、
ツアー開始1週間後観た感想は、何かしっくりこない。。。
だったのですが、さすが和義さんが見込んだミュージシャン✨

どんどん手の内に入れていって、
その日その瞬間だけのスペシャルなステージを魅せてくれて。

また、キーボードの堀江さんの急病で
急遽、GRAPEVINEでおなじみの高野勲さんや崩場将夫さんが加わって、
堀江さんとは違った「風の果てまで」を堪能。

また、最初は遠慮気味だったギターの真壁くんやベースのヒロオさんたちが
どんどん自由度が増して披露する小技やアレンジのかっこよさだったり、
和義さんへの下ネタへの対応だったり、
随所に垣間見える、“チーム斉藤” の和やかさだったり…
どんなシーンを思い出しても、楽しかったし
参加した人それぞれの心にずっと残る
素晴らしいツアーだったなと思っています。

そんな楽しかったツアーの日本武道館公演のBD&DVD発売に先駆けて
今日、トレーラー映像が公開されました!
5月22日は私の誕生日✨
たくさんの人におめでとう🎊と言ってもらえたこと、
イエローモンキーのメンバーがかっこよかったこと(/ω\)
終演時に、走ってくるフジケンにぶつかりそうだったこと💕
いろんなことが蘇ってきます(*≧▽≦*)
★武道館公演を書いた「この景色を見るために」はコチラ→

楽しかった幸せな記憶って、
いつだって自分の背中を押し続けてくれるものなんだと思います。





東京では、あちこち、この看板が出現しているんですね。
うらやましいです。

c0331446_23432737.jpg











先日、観に行ったライブ♡
下ネタでいじられない真壁くんに物足りなさ、
トライセラトップスの下ネタのないコール&レスポンスに
違和感を感じた私はどこかおかしくなってるんでしょうか( *´艸`)



にほんブログ村
[PR]
by robetissage | 2016-09-16 23:37 | 音楽 | Comments(2)

IN A LIFETIME 2016 (GRAPEVINE×TRICERATOPS) @オリックス劇場

昨日は大阪・オリックス劇場にて、同期で盟友ともいうべき
GRAPEVINE(グレイプバイン)とTRICERATOPS(トライセラトップス)の2マン。
18年前に発売された1stアルバムの再現ライブというめずらしくて貴重な企画。

ウワサ通り、楽しくって笑い過ぎました003.gif

c0331446_15353934.jpg


GRAPEVINE『退屈の花』


c0331446_15360803.jpg


TRICERATOPS『TRICERATOPS』


まずはトライセラから。
3人のスーツ姿がかっこいい💕
何度かバインとも共演しているのに実は初めて観るトライセラ。
3ピースのかっこよさと、3人の目ヂカラ。
そしてVo.&Gtの和田唱さんの
会場を盛り上げてトライセラのペースに巻き込んでいく凄さ✨
バインとは明らかに違う…真逆と言ってもいいくらい(^^ゞ
和田さん曰く、デビューアルバムは全曲普通に演奏したら39分で終わってしまう。
でも1時間与えられているから、こうやってしゃべって繋いでいるって(^^)
Ba.の林くんとDr.の吉田さんと3人で会話するのがとても新鮮だった。
元大阪厚生年金会館からオリックス劇場へとなったことで
「オリックスの社員の人いる?」って、今度は
「オリックスグループの人は?」なんて037.gif

汗びっしょりの和田さん。
グレーのシャツの色が変わってきていて、たまらずジャケットを脱ぐ。
「え、脱ぐの?」と驚く吉田さんに
先日脱げなかったのは、着ていた服が汗でエナメルみたいになって
身体に貼りついてたからだって説明しているのも、なぜか笑える。
和田さんの幸せオーラをたくさん浴びて
笑いっぱなしだった。

あまりの楽しさに、バインのステージが
トライセラファンにどう映るんだろうと一抹の不安(;´∀`)

でも、バインはバインで、
いつも通り会場との一体感など求めることもなく淡々と
我が道を行く(*^^)v

唯一、『退屈の花』について語る田中くん。
当時思いっ切り背伸びした感じが逆に若い。
歌詞も皮肉にまみれてとても若い。
でもそれが今の20代には響くのかもしれないと。
「でも、ここにはオッサンとオバハンしかおらんから
関係ないけどな」笑
あいかわらずの毒舌、出た!!!

デビューアルバムにして名曲揃い。
バインの世界観が垣間見える。
18年前のことがふと頭をよぎって
ナミダが…。

(斉藤)和義さんのツアーでもおなじみの勲さんは
当時は参加していなかったので
Key.のない曲ではアコギやテルミンでの参戦。

再現ライブとは言っても、アルバムに忠実になんて、
やるわけないGRAPEVINE。
めちゃくちゃかっこいいライブに感動しまくりでした。

アンコールはセッションを。
でも出てきて早々ファンに悪態をつく田中くん。
和田さんに「大阪って俺の街って感じですか?」と聞かれ
「全然」Ω\ζ°)チーン
「大阪おぼえとけよ」←って何が?
「お前らギャフンと言わせてやる」って笑
あまりの口の悪さに、和田さんもびっくりしていたくらい
今日も田中くんのドSぶりは炸裂(;´∀`)
そして、まさかまさかのサプライズが満載!
アニキの後ろで吉田さんと金やんがEXILEやってみたり
アニキが吉田さんの陽気な振りを真似したり…
いつもクールなバインメンバーが
トライセラに感化されて笑いが止まらない
熱くて濃い大阪の夜でした(≧▽≦)






TRICERATOPS「Raspberry」




GRAPEVINE「遠くの君へ」
めちゃめちゃ若い!この曲で涙…いい曲です♡



にほんブログ村
[PR]
by robetissage | 2016-09-11 23:39 | 音楽 | Comments(0)

「摩天楼ブルース」に魅せられて

先日『TOKIOカケル』に出演していた佐々木蔵之介さんは
どんなに夜遅くても、どんなに朝早くて寝る時間が少なくても
一日の締めに必ずお酒をのむそうです。
自分のなかでのけじめというか、儀式みたいなもの。

「俺の身体は酒でできている」とおっしゃってました。

ふと、私は、なんだろう。って思ったら
それはきっと音楽かも知れないなぁって。

斉藤和義さんの音楽に出会ってから20年以上、
そして、GRAPEVINEも20年近く…
私の身体は音楽でできているといってもいいくらい。
影響を受けた音楽、琴線に触れる音楽、好きな音楽はたくさんあるけど
中学生のころに出会ったこの方の音楽は
久々に聴いてもやっぱりとっても素敵でした。
この曲が私のルーツかも知れないと思うくらい。

どんなきっかけでこの方を知ったのか
今ではほとんど覚えていないけど大好きでした。

山本達彦さんの『摩天楼ブルース』

もうず~っと忘れていたけど、
今聴いてもすらすらと歌詞が出てくるのにびっくり( *´艸`)

アルバムも持ってたはず。
中学生には贅沢過ぎる名曲の数々。
高校では放送部だったので、お昼の時間に流したり
先輩に貸したりして、普及活動してました(^^ゞ

達彦さんの歌を聴いて
当時の空気や記憶がよみがえってきて鳥肌がたちそうです✨

ご本人は今でも活動されていて、
来週はライブも行われるそうです。
そうか、歌だけでなくて、お顔も好きだったこと思い出しました。
こういう貴公子的な人、今でも好きなんですよね💕

そんな『摩天楼ブルース』の素敵なYoutubeを見つけました。
曲の素敵さに加えて、
大好きな東京タワーの景色、
それから東京に住んでいたころのことが
走馬灯のように駆け巡ってきてしまいました。

ぜひご覧ください(^_-)-☆














にほんブログ村
[PR]
by robetissage | 2016-09-03 23:44 | 音楽 | Comments(0)

校正士ときどき物書きをやってます。日本語の美しくて奥深いコトバを紡ぐ人でありたい。斉藤和義さんやGRAPEVINE、お馬さんが好き★


by shino
プロフィールを見る
画像一覧