迷ったときは子どもの心で判断する

ときどき、取り出して読みたくなる本。
「心を浄化する魔法の言葉」(著:角 礼寿)

何気なく開いたページに、
意外と今、抱えていることのヒントが書かれていることも。

今日、開いたページは

「子どもの心で判断する」

どうしようか…と迷ったときには
4~5歳の自分だったらどうしただろう、と考えてみるといいのだそう。
大人になると、損得勘定であれこれと考えてしまうけど
「子どものころの自分だったらどうするか?」
と自問すると、迷わず答えが出てくるかも。

くもりのない純粋な心で、
自分の素直な心が判断した答え。

子どもの心で選んだ答えは、心がラクで楽しくなること(-_^*)💕

うん、これから迷ったときは
ぜひ、子どもの心で(^_-)-☆


でも、これ食べようか、どうしようか…には
間違いなく、食べる!(´▽`*)
これはいかがなものかな(*/ω\*)




にほんブログ村
[PR]
Commented by bonteblog at 2016-03-03 10:41
kuriさん、おはようございます!

子どもの心。
大人になればどんどん心の奥に入っていっちゃいますよねー。
理性だとか、常識だとか、
いろんなものにとらわれて
選んだ答えは自分の本当の気持ちじゃないことが多いかも。
今度迷った時は子どもの心で考えてみようと思いますー。
Commented by robetissage at 2016-03-03 22:08
ちゃこさん♡

子どもの感性って、本当にすごいですよね~✨
でも、小っちゃい子どもの発言に
大人を感じてはっとさせられることも多い私です(/ω\)
by robetissage | 2016-03-02 23:52 | 日々のこと | Comments(2)

校正士ときどき物書きをやってます。日本語の美しくて奥深いコトバを紡ぐ人でありたい。斉藤和義さんやGRAPEVINE、お馬さんが好き★


by shino
プロフィールを見る
画像一覧