校正士の心得★

一昨日は、校正士試験の合格に、
たくさんのあたたかいメッセージやイイネをいただき、
本当にありがとうございました!

実は、3度目の挑戦の今回の試験では、過去2回の不合格をふまえて
一か八かで、あっさりとした校正で提出しました。

不合格のときは、該当する大まかな注意点にチェックが入っているだけで
どの問題のどこが不正解だったのかがわからずじまい。
たとえば、□赤字と黒鉛筆の境目
     □組版ルールへの注意が足りません
                  などなど…
これらの□にレ点が入っているのみ😨

2回とも添えられていた「あともう一息でした」というコメントがもどかしくて(-"-)
どこが間違っているのか教えてーって!

そう、今回はあっさりといきました!
明らかな間違い以外は赤字を入れず、疑わしいものはすべて鉛筆での疑問出し、
そして何よりも執筆者の原稿尊重。
素人さんの読みづらい文章(笑)も、まったく触らず…。

自分としては不完全燃焼気味(?)だったのですが、
結果、こちらで合格(^^ゞ

まずは執筆者の原稿が第一。
もとの原稿と校正刷りの明らかな誤字にしか赤字で訂正しないこと。
執筆者の方は、あえて、その字を使われていることもあるので
その場合は、鉛筆で疑問出しをするに留めること。
またそれは内容についても同じ。
文字の不統一なども疑問出しに留めること。
たとえば、いちばんと一番の混合など。

実務でやっているような、原稿に疑問出しや提案をしたり赤字を入れたりすることは
ここでは厳禁だったのです。
もちろん、上記のような文章の校正だけでなく、
組版ルールや変換ミス、類型異字などなど
多くの課題はありますが…

なんだ!難しく考えすぎていたのかも(/ω\)

実は不合格だったら「ふて寝するもん、もう受けない!」
大人げなくも、本気でそう思っていたので
ほんとよかった…😢😢😢

**********

実務では、それぞれ会社や部署、担当者によって方針が違います。
明らかな誤字脱字だけの指摘でいいと言われることも
気になる部分はどんどん指摘してほしいと言われることも。
また、おそるおそる書いた疑問出しに対して
執筆者からお礼の言葉をいただいたことも✨
そう、臨機応変に対応することが大切!

また、美しく見やすく校正記号を入れることも実はとっても大切なこと。
指示がわかりにくいと誤植をまねきかねません。
私はとってもそそっかしいので、赤字を入れてから
あ!間違ったと思うことが度々あり…紙面が見づらいと注意を受けたことも(/ω\)
校正紙には修正液は使えないのです。
こうして見ると、校正刷りの余白にも気を配る
校正の世界はなかなか奥深いのです。

原稿の向こうにいる人のことを想う…。
それが校正者にとって一番大切なことかも知れません💓

私は…と言えば、
最終目標はもう少し先にあり、
まだまだ挑戦は続くのです(^_-)-☆


ご参考までに…
★校正の通信教育★
☆(財)実務教育研究所
☆日本エディタースクール 
☆ユーキャン
☆がくぶん など
それぞれ、受講期間や費用等さまざまなので
資料請求して比較されることをおすすめします。

★資格取得には★
☆(財)実務教育研究所主催 文部科学省認定校正士認定試験
☆日本エディタースクール主催 校正技能検定 
 

c0331446_23445366.jpg



にほんブログ村
[PR]
Commented by merci-tomo at 2015-12-04 00:05
kuriさん 遅ればせながら合格おめでとうございます!
合格率3割の狭き門なんて‼

kuriさん 難しいパズル スルスル解いちゃうんだもん
頭脳明晰なのでしょうね~
すごい!!
Commented by milk--love at 2015-12-04 00:09
kuriさん、こんばんは☆彡(#^.^#)
kuriさん、すごく勉強されてきたんですね。
あともう少しでした。というコメントのもどかしさ。
なんとなくわかる気がします。
私もある試験で何度となく不合格のA評価をもらいました。
つまり、合格までもう一歩ですという意味なのです。
kuri さんは、まだまだ先を見て邁進しておられるのですね。
応援しています\(*⌒0⌒)♪
頑張って下さいね~(*^^)v


Commented by robetissage at 2015-12-04 00:30
tomoさん♡

ありがとうございます~♬
頭脳明晰!?全然ですよー(/ω\)
でも分析好きなので、
今回は傾向と対策を探ってみました(*^^)v

パズル、中断してました(^^ゞ
今度は懸賞賞金のために頑張ります✨✨


Commented by robetissage at 2015-12-04 00:54
ミルクママ♡

ありがとうございます!
不合格のA評価ってあるんですね( 一一)
本当にもどかしいですよね~。
でも、大人になってからの勉強は楽しいです💓
趣味を兼ねての検定もたくさんあるし
自分のペースでやれるのも魅力✨
ただ欲張りなだけかも(^^ゞ


Commented by sukiwo4512 at 2015-12-04 17:09
こんにちは~!

「執筆者の原稿を活かしながら直す」
私には未知の世界ですが、凄く難しそう??

kuriさんが夢を掴める日まで、あと少しなんですね(≧▽≦)
一歩ずつ近付けますように・・・♡
Commented by mottisfont-roses at 2015-12-04 18:12
kuriさんこんにちは。
ちょっと乗り遅れましたが、
校正士認定試験、見事合格~おめでとうございます。
良かったですね('∇^d) ☆!!
しかし校生のお仕事って難しいのだなって改めて知りました。
その原稿に疑問提示したり、読み易い様にと文章を直すこと等は、校正者の職域を逸脱することになる。。。って所にとても境界の線引きの難しさを感じました。
校正者としての心得。。。どの世界、職にも遣り過ぎない、大切なポイントが有るのですね、、
裏方、そして常に縁の下の力持ち。。。素敵なお仕事ですね♥
これからの益々のご活躍が楽しみです☆彡

Commented by robetissage at 2015-12-04 23:17
chitoseさん♡

ありがとうございます~♬
校正は執筆者の原稿尊重と言いながら、ついつい訂正したり
指摘してしまったりするんですけどね(^^ゞ
赤字と鉛筆の境界線が難しいけど、楽しいです??

私もchitoseさんのレシピファイル作り、やってみようと思います(*^^)v
Commented by robetissage at 2015-12-04 23:31
mottisfont-rosesさん♡

ありがとうございます~!
本当によかったです💓
日ごろ、校正の仕事をさせてもらっているけれど
通信教育で基礎を学んで、資格を取るまでの間
添削で褒められたり叱られたり…(^^ゞ
改めて、初心に戻って気を引き締めました(*^^)v
これから、少しずつ、仕事の幅を広げていけるよう
頑張ります(*´▽`*)


by robetissage | 2015-12-03 23:48 | 資格・講義 | Comments(8)

校正士ときどき物書きをやってます。日本語の美しくて奥深いコトバを紡ぐ人でありたい。斉藤和義さんやGRAPEVINE、お馬さんが好き★


by shino
プロフィールを見る
画像一覧