『置かれた場所で咲きなさい』

社会人になったばかりのころの私は、
自分が選んだ仕事であるにも関わらず
「私のやりたい仕事はこれじゃない」と思っていました。
先輩にもよく怒られていました(^^ゞ
でも、何がきっかけだったのかは覚えていないけれど
「今、ここで華になろう」と思った途端に
すべてが好転したような気がします。

『置かれた場所で咲きなさい』
この本のタイトルを観たときに
まさにその当時のことを思い出しました。

著者であるノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さん。
今日、「中居正広の金スマSP」にご出演されていたのです。

国の有形文化財に指定されているノートルダムホール本館。
戦争中は建物を真っ黒に塗り目立たないようにして
空襲から逃れたのだそう。
学内には自分の心を映す鏡、水鏡といわれる水辺があり、
「月歪むにあらず水歪むなり」
月が歪んで見えるときは、自分の心が歪んでいる…
何か困ったことが起きたとき、決して人のせいにせず、
自分が悪いんだと一歩引いて考えることが大切だと。

この本のなかには心に響く言葉がたくさんあります。


どんなところに置かれても
花を咲かせる心を持ち続けよう。

”あなたが大切だ”と
誰かにいってもらえるだけで、
生きてゆける。

失ったものを嘆いても前には進めない。
悩みを抱えている
自分も大切に。

どうしても咲けない時もあります。
雨風が強い時、日照り続きで咲けない日、
そんな時には無理に咲かなくてもいい。
その代わりに、根を下へ下へと降ろして、根を張るのです。
次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるために。


印象に残ったのは、
人間だからどうしても許せないと思う人はいる。
でもそんなときは、せめて
相手の不幸を願わないようにするということ。
決してきれいごとだけではないところに
人間らしさを感じて。

また、「人間関係を良好にする『の』の字の哲学」。

たとえば、「あ~疲れた!」と帰ってくる旦那さんに
「疲れてるのはあなただけじゃないのよ」と言うのではなくて
「疲れたの?」と言ってあげてくださいと。
また、子どもに「片づけなさい!」と言って
「いやだ!」と言われたときには
「あら、いやなの?」って(*^-^*)

語尾に『の』をつけて、相手の気持ちに寄り添ってあげる。
それだけでなんだか、会話が柔らかくなるような気がしませんか(≧▽≦)
相手を生かすぬくもりのある言葉をつかう…
とても心に響きました。

本館の正面玄関に飾られている詩があります。
牧師でもある詩人の河野進さんの詩。

どんな不幸を吸っても
はくいきは感謝でありますように
すべては恵みの呼吸ですから


『置かれた場所で咲きなさい』の原点でもあるそうです。


c0331446_23354007.jpg





にほんブログ村
[PR]
Commented by yumcafe at 2015-10-31 00:31
Kuri さんこんばんは
私も以前読みました
自分の考え方のクセを見直して
きちんと意識しようと感じたのを思い出しました~
私はまだまだ未熟ですけど ね(*^^*)
Commented by robetissage at 2015-10-31 01:06
ゆんさん♡

私がこの本でドキッとしたのが、無意識にエレベーターで
「閉」ボタンを押す習慣を書かれているところ。
そう言えば、私も無意識で押してる~って(^^ゞ
関西人だからかな?
心にゆとりを持つって大切ですよね(*^-^*)

Commented by a-mio at 2015-10-31 14:21
私も昨日のテレビ見ました。
何回涙をこらえたかなぁ、もう反省しきりの時間でした。

この本、まだ手にとったことがないのですが、
ゆっくり読んでみたいと思います。
Commented by robetissage at 2015-11-01 13:36
あみおさん♡

私もテレビみながら涙、涙でした(*ノωノ)
本もわかりやすい言葉で書かれているので
すっと心に入ってくるのです。
でも、こうして渡辺さんの言葉で聞くと
より説得力がありますよね✨



Commented by bonteblog at 2015-11-02 09:31
おはようございます!

この本、前から気になっていた本でした。
でも、
「咲きなさい」って言われてる部分が
今の自分を変えたくてもがいているのに
そこに居なさい!って言われてるみたいで
本に手が伸びませんでした。

kuriさんのブログよんで、
よんでみたくなりました!

さっそく買いに行ってきます~??
Commented by robetissage at 2015-11-03 01:38
ちゃこさん♡

そうなんです✨✨
今の場所で、どんな状況のなかでも
自分が変わると輝けるっていうことなんですよね♬

そうそう、以前ちゃこさんのブログで紹介されていた
『見えないチカラを味方につけるコツ』
私も読んでみたいと思って図書館で予約したら
なんと7人待ちでした(^^ゞ
待ち切れず買ってしまおうかな~(*^^*)
Commented by honopon27 at 2015-11-04 03:17

この最後の詩、素敵ですね〜✨

どんな不幸を吸っても
吐く息は感謝でありますように
すべては恵みの呼吸ですから

私の解釈だと、どんなに嫌なことをされたとしても
やり返すのではなく、相手を笑顔に出来ますように
その経験は、自分の糧になりますから(^ω^)

大切なことですよね。
気づかせて頂き、ありがとうございます(^ω^)
Commented by robetissage at 2015-11-04 21:43
ほのぽんさん♡

ありがとうございます~✨✨

私もそうだと思います。
どんなに嫌なことがあっても、自分のなかで
浄化して笑顔でいられるように…。
河野進さんの詩はほかにも
あたたかくて心に染み入る作品がたくさんありました。
調べてみたら、11月2日は命日なんですね!
なんだかご縁を感じてしまいました(*^-^*)


by robetissage | 2015-10-30 23:55 | 日々のこと | Comments(8)

校正士ときどき物書きをやってます。日本語の美しくて奥深いコトバを紡ぐ人でありたい。斉藤和義さんやGRAPEVINE、お馬さんが好き★


by shino
プロフィールを見る
画像一覧