長岡の花火大会

2日(日)に行われた長岡の花火大会では
『永遠のエリンコート 追悼 後藤浩輝』として
2月に亡くなったJRAの後藤騎手を悼む花火が上がったそうです。

毎年地元の馬主さんの協賛で『永遠のエリンコート』という花火が打ち上げられているとのこと。
エリンコートは、2011年5月後藤騎手が乗ってオークス(優駿牝馬)を勝ったお馬さん。
今は引退してお母さんになっています。

後藤騎手が亡くなって、もう5か月…。
12月の極寒のなか徹夜で有馬記念の開門を待っているファンへカイロを届けたり
ファンイベントでは率先して盛り上げてくれたり、とてもファンの多い騎手でした。
度重なる落馬事故…。
亡くなる1週間前にも落馬…でもその翌日は京都競馬場で騎乗していたのに。。。
本人はもしかしたら無理しての騎乗だったのかも知れない。
そしてその時は全然そんなつもりはなかったのだと思うけど
関西の騎手やファンにお別れを言うために来てくれたのかも知れない…。
すべて想像でしかないのが悲しくて。

花火大会の様子が、Youtubeに上がっていました。
G1のファンファーレが流れて、白と淡い赤の白菊…鎮魂の花火。
心に沁みました。

今はただ後藤騎手の魂が穏やかでありますように。



にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村




[PR]
Commented by miel12 at 2015-08-05 00:35
こんばんは
馬のことはよくわからないのですが、宮本輝さんの《優駿》をずいぶん昔に読んで感動したのを思い出しました。
競走馬には競走馬の、そして騎手には騎手しかわからない世界があるんですよね。
昔、競馬場の近くに住んでいた友人の家を訪ねるたび、レースがある日は駅も電車も混雑してたのを思い出しました。
競馬の知識がないので、まともなコメントになってなくてごめんなさい。
あらためて、後藤騎手のご冥福を心からお祈りいたします。
Commented by robetissage at 2015-08-05 07:38
カモミールさん♡

私も『優駿』持ってます♡
1頭の競走馬にはとても多くの人が関わっていて、無事に生まれ、
無事にデビューし、1勝すること、勝つことの難しさを教えられました。
そしてその裏側にはそれぞれのドラマがあるんですよね。
後藤騎手には「シゲルスダチ」という特別な馬もいたのです。
亡くなる前の後藤騎手のことを想うと胸がしめつけられます。。。
でもカモミールさんのコメント、心に沁みました。
ありがとうございます。

by robetissage | 2015-08-04 23:56 | 日々のこと | Comments(2)

校正士ときどき物書きをやってます。日本語の美しくて奥深いコトバを紡ぐ人でありたい。斉藤和義さんやGRAPEVINE、お馬さんが好き★


by shino
プロフィールを見る
画像一覧